F-Secure が、日本のLinuxサーバ管理者を対象に2014年に実施したアンケート結果から、
 じつに7人に一人の管理者が、サイバー攻撃による深刻なセキュリティ被害を経験していることが
 明らかになりました。
 Linuxサーバのリスクと問題点、多く発生しているセキュリティ被害などが判明しました。


 アンケートに回答した日本のLinuxサーバ管理者は、    
 Linuxを利用する最大の理由として、無料または安価に 提供されるLinuxのコストパフォーマンスを挙げていま 
 す。2番目に多かった回答は「安定性」、そして3番目は 「セキュリティの高さ」でした。


 Linuxサーバのセキュリティの不安に関する
 問いでは「安心」「どちらかというと安心」と
 答えたサーバ管理者が、あわせて82%を
 占めました。


 そして、その安心のせいか、Linuxサーバ
 OS管理者の4人に1人はサーバの
 セキュリティ対策を実施していません。

 しかし「セキュリティの高い」「安心できる」は  ずのLinuxサーバの管理者の7人に1人にあ  たる、じつに14%が、深刻なサイバー攻撃に よる被害に遭遇していることが明らかになりま した。

Linuxのセキュリティ被害に関する詳細なレポートは、
下記フォームにご記入のうえ「送信」ボタンを押してください。
メールにてPDFのURLをご案内申し上げます。
送信後、自動的に弊社Linux製品のページへ移動いたします。

エフセキュア株式会社
102-0072  東京都千代田区飯田橋3-11-14 GS千代田ビル5F
TEL: 03-3556-6301  MAIL: japan@f-secure.co.jp

プライバシー・ポリシーはこちら

エフセキュア Linux
 セキュリティレポート

500 - Internal server error.

500 - Internal server error.

There is a problem with the resource you are looking for, and it cannot be displayed.